私のブロブをご覧下さい  更新日 2016年5月16日
海外旅行

我家の思い出

庭の花々 国内旅行 
 オランダベルギーおまけフォト
 オランダベルギーの街スナップ
 オランダベルギー美術館
アムステルダム
 エジプト・ヨルダン・イスラエル
 イスラエル
 スイス
 スロベニア・クロア チア
 イタリア
 懐かしい品々
 愛犬のスナップ
 金目川夏の風物
 6代目りん
 大収穫
 26年2月大雪
 りん2歳とドレス
 五領から自立支援施設へ
 完成した子ども自立支援センター
 家族旅行
 2010年春から夏の花
 めじろさんの訪問
 2012年春・秋
 月下美人
鳴門 
大塚国際美術館 
 姫路・淡路
 北海道バス旅行
 カシオペア
余市 洞爺 函館
元町 北斗星
 九州の旅
京都の紅葉
奥能登をめぐる 
西伊豆を遊覧 
八重の桜の地へ
八重の桜を記念
 吉田茂邸
高遠&雪の大谷 
 山陰地方の旅
 萩・津和野・宮島
 
花をたずねて 
 久野のざる菊

 2016年のわかば会の旅行は山口、島根、広島と一泊二日で行く。山陰地方に行きたいと前から声は出ていたけど、遠いイメージがありなかなか実行されなかった。萩・津和野とても魅力ある観光地、今回はこれに加えて角島(つのしま)のエメラルドグーンの海の色と長すぎる?橋。日本海の絶壁に建ち海へと続く真っ赤な鳥居が123本も並び立つという元乃隅稲成神社が加わり魅力たっぷりのツアーを選んだ。安芸の宮島は以前に行ったことがあるが、今回は干潮の時間で大鳥居を下のほうから見る事ができた。萩では2015年のNHK大河「花燃ゆ」を思いうかべながら見学、津和野は山陰の小京都と称される町並みとの事、なまこ壁の家並み、用水路?には素晴らしいメタボ気味の鯉が沢山泳いでいた。往復とも山口宇部空港を利用。


2016年7月31日(日)〜8月2日(火)2泊3日で家族旅行。子どもが独立して家を出てから初めての家族旅行だ。長女の
勤続25年のお祝いを兼ねて子ども達が計画し、伊豆方面になる。1日目は三島スカイウォーク(日本一長い吊り橋)を
渡る。2015年7月に世界文化遺産に登録された、韮山反射炉にてお勉強。ペンション「モンゴメリー」で夕食を済ませ、
伊豆ぐらんぱる公園へイルミネーション見物に出掛ける。素晴らしかった。2日目は下田海中水族館へ可愛い海獣たち
のショーを見て、心癒される。道の駅「開国下田港」から出ている遊覧船「黒船サスケハナ」に乗船、下田港内めぐりを
する。今夜の宿「いなとり荘」へ。3日目は空模様と相談しながら移動。道の駅「伊東マリンタウン」でお土産、気に入った
洋服ゲット、御殿場アウトレットをブラブラして帰路に。急な大雨にびっくり!ドライバーは娘夫婦がしてくれる。
今回はリンは動物病院に預けたが「らん」さんにもお世話になりました。楽しい旅行でした。

寝台特急サンライズ瀬戸のキャッチフレーズに魅せられてまたまた急に決めた四国旅行。すぐに友達に声掛け、OKの返事。2016年6月9、10、11日の寝台特急サンライズ瀬戸と伊予灘ものがたり四国周遊3日間。横浜から乗り込むことにする。22時24分7号車、個室タイプのシングルの部屋。FMラジオ、浴衣、毛布、枕、スリッパ、時計つき。食堂車や車内販売はなく翌日の朝食は各自用意する。瀬戸大橋を渡り朝7時9分坂出駅着。 ツアーバスに乗り大歩危峡へ遊覧船で渓谷美を見学、祖谷かずら橋を渡る。あまり怖く感じなかった。鈍いのかなあ?びわの滝を見て、高知桂浜へ。有名な坂本龍馬像に会い、ホテルへ。翌日は日本最後の清流と呼ばれる大河四万十川へ。遊覧船に乗り沈下橋を見学。沢山の沈下橋がかかっているそうだ。伊予大洲では「おはなはん」通り、江戸・明治の面影残る城下町を散策し2014年7月にデビューした観光列車「伊予灘ものがたり」に乗り松山駅へ。松山空港から羽田空港へ、お天気にも恵まれ、楽しい旅でした。
サンライズ瀬戸      沈下橋   
伊予灘ものがたり 

2017年2月15日(水)の記録。

2017年2月28日までの工事期間と掲示されていた「神奈川県立子ども自立生活支援センター」が完成に近づいている。

とても広々とした大きな施設、100人の子どもが入所して生活をするとの事。寝泊りもここで過ごすようだ。

運動場やプールもあり充実した生活を楽しんでほしいと願う。建物の内部はどうなっているのか分からないがきっと便利に作られているのだろう。

外は花や樹が植えられていて、春になったら目を楽しませてくれるだろう。

 

下の写真・・・・県立五領ヶ台高校
上の写真・・・・県立子ども支援センター

   自宅の2階から撮影
  以前五領ヶ台高校があった場所に、県の児童自立支援施設の建築が昨年から始まった。

すごい大がかりな工事で名前も分からないような 重機がたくさん使われている。ウォーキングで通っているが、ずっと見ていても飽きないくらいおもしろい。

現場で働いている人達は昔と比べれば楽になったかもしれないが重労働な仕事だな〜と感心して眺めている。

基礎工事は素人がみても頑丈に、鉄筋も細かく多く使われているようだ。

どのような建物に仕上がるのか楽しみである。工事終了は2017年2月28日と記されている。

五領ヶ台高校校舎、更地になった跡、現在の工事の様子を記念して載せてみた。 


 
今まで猫派だった我家だが知り合いから子犬もらってのお願いに飼いはじめた犬達。一代目のぽちはフィラリアの注射のショックであっけなくなくなってしまった。
二代目ぼくは成犬を親戚からもらった。よその人が好きで?飼い主には歯をむけて怒る変な犬だった。 三代目のミッキーは土屋の保護センターでもらってきた。雑犬とは思われない程毛はふさふさ、可愛い顔をしていた。散歩は嫌いで雷の時は家の中に入れてと大騒ぎ。 四代目のポメラニアン萌は初めての血統書付き。子どもの友達からとても安く譲られラッキーだった! 五代目結はホームセンターで購入、やはりポメラニアン生後2ヵ月足らずだったので小さくてぬいぐるみのようだった。 六代目鈴はペット専門店で購入。この頃はポメラニアンが少なくて探すのが大変だった。生後2ヵ月で家に連れて来たが、散歩に連れ出してもいやがり10ヵ月でやっと外に、おしっこもそれから10ヶ月後に外でするようになる。小心者の犬で吠えるのは得意?
      
どの犬も家族を沢山楽しませてくれ、
       ありがとうの想いで一杯です。


想いで1
想いで2
想いで3
想いで4 

  かねてより行きたいと思っていた徳島にある「大塚国際美術館」 お手頃のツアーを見つけ、計画する。
友達Yさんも絵に興味があり即決定。11月4日〜5日水曜日、木曜日の1泊2日を申し込む。海老名発6時30分の羽田空港行き直通バスに乗る。ところが事故で渋滞にはまり、2時間かかって羽田空港到着、集合時間すれすれセーフ。
時間に余裕をもって動く事を実感した出来事でした。羽田から徳島あわおどり空港に着き、ツアーバスで移動。
鳴門のうず潮見学、大塚国際美術館にある陶板名画を鑑賞、この美術館は大塚グループが徳島県にお世話になった
お礼として設立し、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」との事。目を見張るような絵画の数々、びっくりぽんの一言でした!! ホテルでの阿波踊り見学、教えてもらってお客さんを巻き込んで輪になっての踊りは
皆楽しそうだった。 2日目は、鳴門海峡大橋を渡り、この春リニューアルされた世界遺産「姫路城」見学。頑張って天守まで上りました。すごっく混んでいた。淡路ハイウェイオアシス、あわじ花さじきに寄り徳島あわおどり空港へ。
飛行機の遅れがあり本厚木行のバスに乗るのもすれすれ、もうびっくりぽんでした。お天気も良く念願の旅でした。


鳴門


大塚美術館
姫路城/淡路
 

 1999年9月24日〜10月1日、リフレッシュ休暇を会社からもらい、北海道へ。列車での個人旅行7泊8日を計画。 ’99年7月16日に新型寝台特急「カシオペア」がデビューしたのを知り、JTBに申し込む。カシオペアツインの個室の
予約とれましたの連絡にラッキー!上野〜札幌まで夜行列車にゆられての旅。ところが台風18号と並行しての北海道行き。 唯、
カシオペアが無事に運行される事を祈っていた。台風の影響で1時間遅れで札幌に着く。札幌市内、小樽、釧路、弟子屈、知床、網走、能取湖、層雲峡、登別、などをレンタカーと電車、バスで見学。帰路は苫小牧から仙台まで太平洋フェリー「きたかみ」の1等船室に乗り、仙台港へ。テレビでは東海村の放射線もれのニュースを映していた。仙台市内を見学して仙台駅から東北新幹線「こまち」で東京へ。暑い北海道の旅だった。
 2015年5月25日〜5月28日 「北斗星」の運行が2015年 3月13日で廃止になる事を知り、残念と思っていたが臨時運行されると聞き、ツァーに申し込む。今回の旅は「北斗星」に乗る事、「マッサン」の舞台となったニッカウヰスキー余市蒸溜所見学、函館市内見学が目的。久しぶりの夫との旅行でした。りんは娘が預かってくれました。

 
   
 カシオペア  
  余市 
 
洞爺   
  函館
北斗星   
  元町 
 

 2015年2月 りんは2歳になりました。我が家に来てから1年9ヵ月になります。家に来て7ヶ月で初めて散歩に出る事が
でき、1年7ヶ月で散歩の時に、やっとおしっこをする事ができ、まだうんちは外ではできません。世話のやける、臆病で
よく分からない性格です。やっと2歳になったのだから、これからかな〜と……待つことにします。結にも作ったように
りんにもドレスを作りました。私の洋服からのリフォームです。 寒い時のお散歩に喜んで?着てくれます。
 
 2015年4月16,17日 わかば会の旅行。1泊で「高遠の桜と雪の大谷ウォーク」にでかける。桜は今年は早く咲きだした
のでどうかなと 心配したが、「タカトオコヒガンザクラ」は見頃だった。風も少しあり、はなびらが散る様子は風情があった。
とでも広い公園になっていた。月光院に仕え大年寄りに出世した江島が幽閉された囲み屋敷を見学。
 2日目は立山黒部アルペンルートへ。 4月16日が雪の大谷の開通日、新鮮なうちに見る事はできたが曇り空で、陽に
輝く 雪の景色はみれなかった。開通日をねらっての観光客が多いことにびっくり!乗り物にのるのも大行列。添乗員
さんは 皆が乗り遅れないように気を使い大変だ。
おじさんの添乗員、てるてる坊主をつけたツアー旗での誘導。アイデアだ

 タカトウコヒガンザクラ  江島囲み屋敷 雪の大谷ウォーク入口  今年の案内  19mの雪壁 
         

わかば会の旅行、久しぶりの2泊3日の旅程に決まる。羽田から伊丹空港までのフライト。その後ツアーバスで有馬温泉
、神戸散策、18時神戸発の大型フェリーで瀬戸内海クルーズ。「個室」で快適な船旅をした。瀬戸大橋のライトアップも
素敵だった。別府、由布院、熊本城を見学し、雲仙温泉が2泊目。5つ星の宿「九州ホテル」に泊まる。素晴らしい部屋
だった。夕食後、宿のすぐ横にある、雲仙地獄「ナイトツアー」に出かける。映画「君の名は」のロケ地の碑があった。
夜空の星もきれいだった。3日目は仁田峠,諫早(いさはや)を通り長崎市内へ、グラバー邸、大浦天主堂、平和公園
長崎港には豪華客船が停泊していた。佐世保では九十九島遊覧船に乗船、福岡空港からのフライトで羽田着には
20時35分に到着。お天気にも恵まれ楽しい旅行になりました。 2014年10月23,24,25日 

 旅タイトル   湯けむりの名湯雲仙温泉「5つ星の宿」に宿泊 展望大浴場完備 穏やかな瀬戸内海クルーズ3日間
         
 
 2014年4月オランダ・ベルギーに出かけた。以前添乗員さんに一番お勧めの国はと尋ねた時にオランダ・ベルギーと
 教えてくれた。こんなに早く行けるなんてラッキーだ。誘ってくれたMさん有難う。直行便の予定がキャンセルになり
 フランスで乗り換えになってしまった。こんなこともあるんだ。返金もあったし、エア−バスA380の二階建ての大きな
 飛行機でいけたのでよい体験が出来た。4月ならではのオランダのチューリップ、種類の多さにびっくり、国土の25%
 が海抜0m以下、干拓地で水を揚水するために風車が造られたとの事、キンデルダイクの風車は世界遺産。
 自転車大国でもあり人のほうが気をつけて歩かなくては いけないとか。ベルギーはダイヤモンド、チョコレート、
 レースで有名。 ブルージュは北のヴェネツィヤとよばれる水の都、中世のままを止めたような街並みを運河クルーズ
 で堪能する。オランダの「アムステルダム国立美術館」「マウリッツハウス王立博物館」「ハーグ市立博物館」
 ベルギーの「アントワープ王立美術館」「聖バーフ大聖堂」に有名な絵画があり鑑賞した。世界遺産に登録されている
 6ヶ所を見学出来た。

 チューリップ 風車  運河クルーズ  ブルージュの街  ルーベンス像 
         

大収穫!
2013年の果物の収穫です。文旦は大、中、小いろいろの大きさがあったけど大収穫!小でも味はまあまあ、大は買
ったのと変わりわりはなかった。 文旦がここでもとれるなんてすごい。柿は出荷用に箱詰め、すいかも大きさいろいろ、
味もまあまあでした。今年も夏のお楽しみの鮎は一夜干し、甘露煮、天ぷら、塩焼とお腹に入れました。
おすそ分けも皆さんに喜んで頂きました。高校生と5年になる孫の食器は写真をとって処分しました。手作りのチューリ
ップの花は、子どもが心をこめて結婚の記念品として、お客様に差し上げるのに作っていたので捨てがたく残しておき
ました。金星と月が近くなると報道していたので撮ってみたけどこの程度でした。



   2014年2月に2回も大雪が降りました。1994年に降った大雪の時の体験が記憶が思いだされ、雪の怖さを再認識した。山の上に住んでいると雪が少しでも降ると下へ下りるのが大変!我家の裏のご主人がブルを動かしてくれて雪をどけてくださる。すごく有り難い。2回目が降った14日の翌日は朝から一日中出かけて留守の様子。あちこちで雪除き作業をして下さっていたのかと思うと、とても有り難く感謝致しました。

    時間を見て雪の積り具合を測った。

      8日(土)        14日(金)
     12時 13p      17時 14p   
     18時 23p      21時 22.5p
     21時 23p      22時 23p

  2007年の秋、大磯町で主催した吉田茂邸の見学に応募し参加した。、グループに分かれ説明を聞く。ずいぶん大勢の応募があったようだ。広い庭、池、温室、由緒ある母屋等の見学が出来た。何年か前、火事で焼失してしまった。漏電と聞いたが残念!今は更地になっているのだろうか。再建されるように町では努力されているようだ。

ご近所に方から頂いた芽を挿し木して3年目に初めてつぼみを持ち、咲きました。夜中に開くので中々見れないと聞いて
いたけど夜7時50分頃から、開きはじめた。急いでアルコール漬けにしようと、ホワイトリカーを買いに走った。
透明の瓶があるので閉じないうちに切り漬けこんだ。これは以前友達がプレゼントしてくれたやり方をまねた。
長く楽しめるおきものになる。


         

2013年のNHK大河ドラは「八重の桜」 二宮にある{蘇峰記念館」で開催されている新島八重が蘇峰に出した手紙が展示
されており、又、ドラマに登場する人の紹介も展示されていた。同志社大学の創立者新島襄の終焉の地である、大礒の
百足屋旅館
、今はないがその跡地に建てられた碑を巡ってみた。享年47歳、八重さんは87歳まで生き京都で亡くなった
との事。ハンサムウーマンとよばれ会津魂をもち続け広範囲で活躍されたご婦人と教わりました。

         

いらっしゃい。りんちゃん6代目の犬になります。顔が大きくて耳が小さくてかわいくなるか心配だったけど、それなりに可愛くなりました。 
2013/4/3   2013/4/3 2013/5/6  203/6/28   2013/8/21
 

堂ヶ島

 




              堂ヶ島


やっと決まった2年越しの恒例のわかば会
旅行。2度京都の苔寺のツァーが苔寺の都合でキャンセル。あきらめて近場の伊豆になりました。
梅雨時だったけどお天気もどうやら守られ、
うたい文句の絶景名旅館{海辺のかくれ湯
清流」に泊まる。部屋からの景色はとても良かった。土肥金山、松崎町もはじめての場所で 楽しい旅行になりました。
7人の参加で寂しかったけど役員さんお疲れでした。


      画像はこちらからどうぞ
 

   2013年3月イスラエル旅行           
     
 パリ空港  ティベリア湖  ピリポ・カイザリア
 死海ホテル  死海  エルサルムの町  帰国

2012年改修工事が終わった東京駅
 

2012年春の庭の花。文旦の花が沢山ついたので、さぞかし多くの実がつくだろうと期待していたが何と3個だけ。それも
文旦らしきまともな大きさは1個だけ〜〜でも全部食べることは出来た。皮はオレンジピールにした。秋には久野にある、
ざる菊園を見に行く。素晴らしい!苗を頼んで来た。来年5月に家に届くとのこと。どれだけ大きく仕上がるでしょうか?
                           頁トップに戻る
 

金目川はとてもきれいな川になっている。夏の楽しみである投網打ちで、天然の鮎を獲ってさしみ、てんぷら、一夜干し
甘露煮とおいしく食卓に並ぶ。趣味と実益を兼ねた夫の夏の恒例行事。沢山獲れた時は素焼きを冷凍し正月用に。
沢山獲れた時は友達におすそ分けして助けてもらう。とても喜んで食べてもらえる。うなぎにも挑戦、夕方川の茂みに
もじりを仕掛けて置き翌朝見に行く。2回で4匹ゲット、細かったので脂はのっていなかったが食べた事になった。 
                              頁をトップに戻す   

    
 

9月苔寺・三千院のツアーに参加。申し込んで3回目の催行。しつっこい位申し込んでみた。やはり素晴らしかった。
宮内庁管轄の修学院と桂離宮の紅葉が素晴らしいと聞きハガキで参観申込みをした。二度ハガキを出して
桂離宮だけが許可され、12月3日10時と指定された連絡をもらう。師走の時、2泊3日の旅に・・・・・
桂離宮参観の後、嵐山・嵯峨野散策、ライトアップの宝厳院拝観。4日は床紅葉で有名な実相院、
グラデーションもみじとテレビで紹介されていた瑠璃光院、下鴨神社、白川通り散策、知恩院、ライトアップの
青蓮院門跡拝観。 5日は東福寺、泉涌寺、来迎院拝観。たくさん歩いた3日間だった。紅葉は盛りはすぎていた。
ちょっと残念。
 

2012年    
         苔寺・三千院・貴船                   実相院・瑠璃光院
                       桂離宮・嵯峨野・嵐山              
                                                      東福寺・泉涌寺

思い出の懐かしい品々

おしめを干した洗濯物ほし、7段飾りだったお雛様、結納の目録、これは写真に撮って捨てました。
古いセーターを使ってのセーター人形、ズボンから豚の親子を作りました。いつまでできるか柿畑の手入れ、
収穫を楽しみに頑張って!

近くの懐かしい風景

県立五領ヶ台高校も壊され、更地になる。跡地には県の教育関係の施設ができるそうだ。早朝富士山に傘雲が
かかっているのを発見、急いで近くのビュ-スポットに。撮れた!散歩中見つけた田舎の風景、
まだこの様にして稲を干す所がある。お米美味しい だろうな。

奥能登を旅して〜〜憧れの宿で一夜を過ごす

45年前旅した奥能登を再訪。海岸沿いの道路も整備されていた。町並みも新しい家が続いていた。
あたりまえか?記憶がよみがえったのは兼六園のことじ灯籠、輪島の朝市、白米千米田くらい。
観光化されていても素朴さは沢山残っていた。


2年越しのお待ちかね旅行。 スロベニアのブレッド湖に浮かぶマリア教会、ヨーロッパ最大規模のポストイナ
鍾乳洞、クロアチアの”アドリア海の真珠”と讃えられるドゥブロヴニク、プリトビチェ湖群国立公園散策、
ザグレブでは大聖堂でのローマ法王のミサをテレビ中継で見る。何ともラッキー!大雨の中、飛行機で帰られたが、
直後に綺麗な虹がかかりホテルの窓から歓声を上げた。

2011年スロベニア&クロアチア

 2009年9月23日〜9月30日「アルプス3大名峰と氷河特急の旅 スイスベストハイライト8」に出発。子どもの幼稚園の
時からの友達3人で出掛ける。アルプス3大名峰・・・モンブラン・マッターホルン・ユングフラウヨッポを見学。
4000m級の山々をケーブル、ロープウェイ、電車に乗っていくのだから楽なものです。
バスでの移動は途中の景色を眺めながら楽しみました。ハイジのふるさとーマイエンフェルトーにも立ち寄り
ハイジの泉、ハイジの家を見学、チューリヒの街を散策し大聖堂にあるシャガールのステンドグラスを見学。
帰路につきました。お天気にも恵まれて感謝の旅でした。  
頁トップに戻る

2009年スイス

 今飼っている愛犬です。7年経ちました。人間の年齢に換算すると45歳、本で調べました。まだ可愛い娘と思っていたけど中年だ!
病院通いがあるのも無理ないわ。薬を飲むのが駄目でいろいろ試した結果・・・・錠剤の薬と犬用ボーロを粉々に砕き混ぜてあげると
待ってましたとばかりに駆け寄っておねだりします。ボーロが唯一のご褒美なのです。太る体質なのです。一粒でも十分満足
かわいいものです。
頁のトップに戻る

わー!安心して寝てる お腹出してる 生後2ヶ月 ポーズとるのが得意です

 今年の春先、めじろさんが庭にきました。2羽できました。きつとつがいなのでしょう。仲良くミカンを食べています。
ガラスごしでのスナップなのでよく撮れませんでした。でも可愛かった。・・・・・特に目の周りの白いお化粧が!
来年も来てくれるかしら?  今から楽しみ
  頁トップに戻る

めじろさんの訪問

にめじろさんのお客様 ミカン美味しそう 藤の木にも2羽仲良く

春から夏にかけての庭の花です。春は大好きなネモフィラ、デージー、リナリア等、種を播いて楽しみます。手はかかるのですが庭一面に
咲いた風情はなんとも言えない気持ちです。春に枝一杯にボンボンのような花をつけるレモン色のミモザ、もっこうばらのアーチ。
夏は花類は殆ど播かず葉を鑑賞します。イポメアのライムグリーン、グリーンカーテンとして植える風せんかずらの可愛い袋j、宿根あさがお。
ゴーヤは今年は良くなかった。夕顔は咲き始めが遅く10月まで頑張っていた。スパティフィラムは7本も立ったが窓際に置いたため日焼けして
かわいそうだった。さつまいもはすごく大きい。携帯と比較した。輪切りしたらいい形。このまま蒸かして食べた。
頁トップに戻る

2010年春から夏の花


イスラエル旅行に行って来ました。1ドル360円時代、外国に行くとしたら何処へ行きたいかを思った時にイスラエルかスイスと
言ったことを今でも覚えている。イスラエルは聖書の国、スイスは永世中立国見てみたいと思った。何十年前のおとぎ話のような夢だぅた。
でも現実となって行く事ができた。コースもエジプトからシナイ山、イスラエルと希望にかなった旅。家族には勉強と言って11日間を
楽しんだ。お天気もすべて晴れ、エジプトのシナイ山登山も寒くなくご来光もばっちり。ラクダに乗っての登山にもびっくり!
お星様も大きくて目をみはるばかり。ラクダにゆられながら夜空ばかりを見つめていた。イスラエルの死海での浮遊体験もサプライズ
プレゼント!恵まれた日々でした。                 頁トップに戻る

2007年3月イタリア
ローマ市街ウォーキング
フィレンツェ&ピザ斜塔

急な誘いがあってイタリア旅行に行って来ました。 〜5都市周遊の旅〜  安いツアーだった。食事はいまいち、パンの固いのって・・・
でもイタリアのパンはみなそうなのかな。でもお天気には恵まれて暖かく観光地は十分楽しめたツアーだった。ミラノヴェローナヴェニス
フィレンツェローマ、オプションでピザへ。最終日のフリーディのローマ見学はヴァチカン美術館ココッセオの内部、フォロ・ロマーノ
徒歩で巡った。システィーナ礼拝堂の「最後の審判」あきるほど見てきたがどれだけ印象に残っているのかな。天井画も素晴らしかった。

                                     頁トップに戻る

inserted by FC2 system